折りたたみ 水切りラック おすすめ

ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ

『折りたたみ水切りラック』一押しを紹介

皆さんこんにちは、主婦の方一人暮らしの方誰でも一度は、悩むはず。

キッチンの水切り、良いものないかなって。

そんな方に今回はおすすめの水切りラックを御紹介します。

折り畳める水切りラック メリット

使わない時は畳んで収納、使う時は、食器の量に合わせて大きさ調整可能

これが最大のメリットかな。

使わないときのデッドスペースほど無駄なものはない。

食材を準備するとき、洗い物が沢山ある時、その場所を広く使うには畳んで収納しておけば

シンクを広く使えます。この水切りラックは、野菜の水切りや、熱い鍋の一時置きにも使える。

熱い鍋にも耐えられます。この水切りラックはほんとに便利。

また、シリコン素材だから、滑らない!!特に、スプーンやお箸などの小物。

また、水筒などが転がらない。これも嬉しい機能ですね。

更に、狭いシンクなら、水切りラックをシンクに置けば作業台に返信です。

シリコン素材だから、まな板を置いても滑らない!安全ですね。

広げるとこんな感じです。

水切りラックデメリット

お皿が立たないので、大量の食器は置けないです。斜めに立てることはできるけど

ラックが平らなので厳しいですね。このラックは、1から3人分くらいまでですかね。

二人分くらいがちょうどよいかもしれませんね。

 もしも、購入を考えているならば、シンクの外側の大きさギリギリで買うほうが良いと

思います。大は小を兼ねるとは言いますが、まさにそうだと思います。

写真はシンク台よりも少しはみ出してます。買った時は失敗した!!と思いました。。

でも、今は大きいのを買って良かったと思っています。最大限にラックを利用できます。

水切りラック ニトリと比較

ここでは以前使用していた水切りラックとの比較です。

左が以前使用していた、ニトリの水切りラック。こちらは、ステンレス製で一つ一つが丸く作られています。

なので、スプーンなどが滑り落ちたり、ステンレス製の水筒を立てると倒れがちでした。

シリコン製に変えてからは、滑らないこと、四角い作りであることから

隙間から落ちることはなくなりストレスが減りました。

やっぱり滑らないっていうところが一番の違いですね。

ステンレスは汚れに強いですが、シリコン製も問題なく使えます。

見た目もおしゃれですしね。

まとめ

今回は、ニトリ水切りラックと比較してみました。

・シリコン製で面が四角なので滑らない

・使わない時はまるめて収納できる

・場所の有効利用可能

・熱い鍋も置ける

・野菜の水切りとしても使える

・おしゃれ

以上のことからこの水切りラックをおすすめします。


折りたたまないけれどスペース活用できる水切りラックもあります。

最後まで見ていただきありがとうございます。

また、寄ってくださいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ